<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
幸運☆HAPPY LIFE STYLE【旧版】
モデルでシンガーで主婦でママな のぞりん☆彡が
ハッピーになるためのライフスタイルを提案します。
ブログは引っ越ししました!新しいブログはhttp://ameblo.jp/nozomix2000/
です☆
<< 鹿島神宮で見せられる | main | サイトとブログを引っ越しました☆ >>
陰陽論を利用した調理法・重ね煮
0
    のぞりん☆彡毎日のつぶやきtwitter ID nozomix2000

    奥さん、またまたご無沙汰です。
    いつもは もう一つのブログに書いてるから、こちらはたま〜に更新で、すみませんです。

    あちらのブログは1000文字の文字数制限があるので書ききれなくて、今日はこちらに書きますね!


    この前cooさんが「重ね煮って知ってる?奥さんが作ってくれるんだけど、陰陽論に基づいた調理法で・・・・・・うんたらかんたら・・・・・・調味料とか使わなくても、重ねる順番を間違わなければ美味しく出来るんだよ!」と言っていた。

    重ね着?と勘違いした私は、家に帰ってから重ね着の調理法を検索したのだけど出てこない・・・。
    よく考えてみたら、重ね着じゃなくて重ね煮じゃないの?って・・・。

    んで検索し直したら出てきました!

    昨日は初めて、その陰陽論に基づいた重ね煮調理法とやらに挑戦してみました。


    取りあえず適当に買ってきたものを、陰陽の表に沿って並べてみて、入れる順番を決めたものの、買ってきた食材全部は鍋に入りきらず・・・。

    最終的に入れたものは、

    しらたき・えのきだけ・しいたけ・しめじ・ホウレン草・油揚げ・レッドキドニー(赤い豆)・ごぼう・さつまいも・ほたて

    です。もしかしたら入れ方を微妙に間違えたかもしれないけど、まあ一番最初ということで・・・


    塩だけなのに、全ての野菜に味があって、お豆と ごぼうが特に美味しかった〜〜!
    ・・・っていうか、体が温まって、ポカポカポカポカ・・・
    めちゃくちゃ暑い・・・。


    この調理法を用いると、全ての食材の性質が中庸になる?っていうことなのかな?
    陰と陽のバランスがとれる・・・ということですよね?


    野菜を皮ごと使うのでゴミも減らせるし、皮を剥く手間もないので、手間がなくて早くて環境にも体にもイイ!


    cooさん、よい情報を、ありがとうございます〜〜♪




    重ね煮を、自分なりにまとめてみました。

    【重ね煮】
    陰陽論に基づく調理法
    「重ね煮」とは、食材を「陰」と「陽」に分け、それを陰陽の順番に重ねて煮る調理法。
    皮などは剥かないで、そのまま使う。(※カルシストで野菜を洗って使用すると、99。9%の農薬(化学物質)などを吸着して落としてくれるので安心。)
    調味料は塩のみ。野菜の持つ滋味が引き出されるので十分美味しい。


    ・簡単な陰陽の見分け方
    地面から下に出来る食物(根菜類)は「陽」のエネルギーを持つ。
    寒い地域で育つ野菜、冬が旬の野菜は、体を温める「陽」の食材。

    地面から上に、太陽に向かって伸びる食物(葉菜類や膨らんだ果菜類)は「陰」の性質を持つ。暖かい地域で育つ野菜や夏が旬の野菜は、体を冷やす「陰」の食材。

    肉や魚は最も陽性なので、重ね煮を作るときは一番上に置く。食材のもつエネルギーは陰性は上に、陽性は下にいくので、鍋のなかで混ざり合い、バランスがとれるという。


    ・調理法
    蓋に穴の空いていない鍋(ホーロー鍋など。ウチではル・クルーゼの一番おっきいのを使ってます)に、細かく切った食材を、陰から陽に順番に敷き詰めていき、最後に塩を振り蓋をして中火で5分。その後火を弱めて25分コトコト煮るだけ。
    野菜から水分が充分出てくるので水は入れませんが、焦げ付きが心配な場合は少し入れても大丈夫。


    ・重ねる順番≪鍋の下から≫
    1層:海藻類。こんにゃく・しらたき・きのこ・しいたけ・しめじ・えのき・たけのこ・わかめ・昆布・ひじき等
    2層:果類。なす・トマト・きゅうり・いんげんなど
    3層:葉類。ブロッコリー・キャベツ・小松菜・白菜・長ネギ等
    4層:いも類。じゃがいも・里芋・山芋・さつまいも・カボチャ等。
    5層:根菜類。大根・玉ねぎ・にんじん・ごぼう・れんこん等。
    6層:穀類。米・麦・雑穀・豆等。
    7層:魚介類。白身魚・エビ・いか・貝類。
    8層:重ね塩。天然塩・自然塩等(大さじ1程度)・(※サンゴカルミールを回しかけても)


    ※カルシストとサンゴカルミールは、ビーワンのものです。

    のぞりん☆彡毎日のつぶやきtwitter ID nozomix2000


    お料理 | permalink | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
    この記事に対するコメント
    Mr.Kさん

    ご無沙汰しています!

    こちらのブログは、ほとんど更新しないので、是非もう一つのブログの方へも覗きにいらしてください☆
    小田木 望 | 2009/06/01 8:06 AM
    この記事に対するコメント
    こんばんは^^。

    お久しぶりです^^;。

    相変わらず、忙しそうですね。

    また、覗きますね^^。
    Mr.K | 2009/06/01 12:50 AM
    この記事に対するコメント
    >cooさん

    ほんと、いつも良い情報を ありがとうございます♪

    今も家に余っている食材で重ね煮を作ろうと、野菜をカルシストに浸けているところです♪

    一昨日くらいに買ったホウレンソウ、面白いことに、サンゴカルミールを振って冷蔵庫に入れておいたら、物凄いパリッパリなままなんです。
    っていうか、買ってきた時よりパリッパリで生き生きしちゃってる感じ(笑)

    先日、IKKOさんの師匠の きみこ先生が、作ったサラダにサンゴカルミールを振っておいたのを、すぐに食べられなかったので、一晩冷蔵庫に入れておいたら、なんだか全くシナ〜〜ってならなくて不思議なのよ〜!だってサンゴカルミールって塩分でしょ???塩振って置いておいたら、シナ〜〜ってなるのが普通じゃない?なんでシナ〜〜ってなるどころかパリッパリになっちゃったのかがわからないのよ〜〜!やってみてよ〜〜!
    って仰っていたのです。

    あ!そういえば!って思ってかけてみたら・・・本当に元気になっちゃって凄い勢い(笑)


    岡山のお店・・・岡山には出張で行くことがあるので行ってみたいです☆

    小田木 望 | 2009/05/04 10:44 AM
    この記事に対するコメント

    レシピまでありがとうございます!

    激ウマですよね。

     神秘的な調理法だなと思います。
    岡山あたりで重ね煮を出してるお店があるらしいのですがそこもビックリするほど美味しいらしいです。

    久々に食べたくなりました♪
    coo | 2009/05/04 9:32 AM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.nozomi.fem.jp/trackback/950724
    この記事に対するトラックバック