<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
幸運☆HAPPY LIFE STYLE【旧版】
モデルでシンガーで主婦でママな のぞりん☆彡が
ハッピーになるためのライフスタイルを提案します。
ブログは引っ越ししました!新しいブログはhttp://ameblo.jp/nozomix2000/
です☆
<< 導かれて天河神社へ&白鳥&なんと!凄いパワーを授かってしまいました! | main | 偽書なのか本物か・・・ >>
伝えなければいけないけれど、伝えてはいけない本やら何やら・・・
0
    のぞりん☆彡毎日のつぶやきtwitter ID nozomix2000

    奥さんこんばんは!

    ちょっとご無沙汰していました。
    久々にパソコン開けました。

    毎日毎日、あまりにも色々な事があり過ぎてます。
    地方へ出張。帰って来たらそのまま近所のヒーラーシンジさんちへ出かけて朝まで大田篤先生のお話を伺ったり、色んな神社へ行ったり、朝まで近所のBarへ行っていたり、夜遅くに息子とバドミントンをしに出かけたり・・・。
    で、次の日は、ほとんど寝ないまま、また地方へ出張・・・。
    で、昼間ちょっと空いた時間でパパと映画を観に行ったり・・・。
    の繰り返しな感じです。

    一日が長い・・・というか、感覚的には短いのだけれど、一日に物凄い量のことをこなしています。

    出張から帰ってきてから、そのまま出かけるのは当たり前な感じです。
    24時間では全然足りません。


    そして毎日、来るのが当たり前のようになってしまっているメッセージ・・・。

    来るメッセージは、全て正しくて、受けないといけないものだと思ってしまっていたら!!!

    この前、ヒーラーの大田篤先生が教えてくださったのだけれど、腹の底から聴こえてくるメッセージは神様の声だけれど、耳元で聴こえるのは、魔物のことが多いから気を付けるように・・・とのことなのです。
    悪魔の囁き?みたいなものでしょうか?


    ほぉ〜〜〜〜!と思いましたよ。

    聴こえる声。確かに2種類あるのです。

    小さい頃から聴こえていたのは、そういえば腹の奥から聴こえてきていて、女性の声です。

    最近頻繁に聴こえる声は、耳の近いところから聴こえてくるのですが、男性の声なんです。

    ということは、この男性の声は魔物の声なんでしょうか???


    う〜〜〜ん・・・なんとも言えないらしいですが、神様でないことは確かのよう。
    守護霊の場合もあるし・・・。魔物の場合もあるし・・・とのこと。


    女性の声は普通に結構喋るので会話になりますが、男性の声はキーワードになる一言のみしか毎回言いません。


    そのキーワードは、聴こえるとすぐにネットで調べるようにしていますが、全て、今していることに関係あることや、ヒントになるような、次から次へと何かが繋がっていくような言葉だったりします。

    でも、耳元で聴こえた時には、必ず疑いなさいとのことでした。
    『嘘つけーー!』って言ってみなさいって(笑)


    キーワードのような一言に、嘘つけーー!っていうのも何ですが(笑)
    一度は疑ってみようと思います。



    この前は、腹の方の声が、近所のヒーラー美容師シンジさんの家へ行けって言うので行ってみたら、シンジさんが、『今日来るって思ってたよ』って、一冊の本をくれたのです。

    その本の中身を見てビックリ!
    タイトルは違うものの、前日のレディースの会の会場の下の階にあった本屋さんで、自動行動で手にして購入した本と全く同じ内容の本でした。


    その本をいただいた次の日に行ったレディースの会の主催者さんに本のタイトルだけ見せたら、中身を見てないのに、内容をボソッて言うのです。
    『え?知ってるんですか?』って言ったら、『え?!マジですか?その本の内容、○○○なんですか?何も見てないのに勝手に口が喋りました。僕、その本の原文持ってます。』って(笑)

    その後お会いした時に、原文の書いてある本を貸してくださいました。


    この本は、時期が来ないと読めない本のようなので、あまり人には言ってはいけないそうなのです。


    本には、伝えるように・・・でもやたらと伝えてはいけない・・・というような・・・そんな内容が書かれています。

    この本を読むと、色々なことの謎が全て解けていくのです。
    物凄いメッセージが書かれている本です。
    ちょっと前に渡されていたら、何が言いたいのか、言っているのか、たぶん何のことやらサッパリわからなかったし、解読出来なかったと思いますが、今は全て面白いくらいに入ってきます。

    何を言っているのかが、全て理解出来るのです。


    その本は自動書記によって書かれたものなのですが、それを書いた方が、なんとウチの近所の神社で神主さんをしていたことがあることを知って、ucoさんと二人で、その神社へ夜中に行ってみたのです。


    まあ、そこでもucoさんと同じものを見て、同じ音を同時に聴いて、二人で『ひょえ〜〜〜〜!』ってなってしまった訳ですが(笑)

    毎日こんなことばかりしています(笑)



    ほんとに毎日色々なことがあり過ぎますので(笑)全然話は変わって・・・

    この前、素敵な女性のBirthday Partyへ行った時、お友達の長屋宏和君のお母様で、モードフィッターの長屋恵美子さんに偶然お会いしました。
    綺麗で優しくて謙虚で、とっても素敵な女性でした。


    杉本彩さんが発起人のお一人・・・ということで、彩さんとのツーショットもあるのですが、残念ながら、そちらは載せられませんですよね(笑)

    素晴らしいアルゼンチンタンゴを披露してくださって、その画像もあるのですが・・・
    載せられませんですね〜〜(笑)残念!

    そのパーティーでは、以前このブログでもご紹介した、運命の人がわかる心相数ってご存知ですか?その国際心相科学協会会長、宮城悟先生もお見かけして、あっ!!!って思ってお声掛けしようと思って探したのですが、途中で見失ってしまいました。

    長屋恵美子さんも、杉本彩さんも宮城悟先生も、会いたいと思っていた方たちだったので、間近で見られただけでも嬉しい〜♪という感じでしたよ。

    20年ぶりに懐かしい知り合いの女性にも会えたり。


    ほんと会いたい人には必ず会えてしまう・・・。


    不思議です。


    あ、それから江ノ島にも行ってきました。


    あの、シンジさんがくれた本を行きも帰りも読みながら・・・。

    江ノ島の弁財天は、物凄いエネルギーに溢れていました。
    勝手に後ろから押されて前からは引っ張られて・・・。
    どんどん階段を登って辿り着いた場所は、市寸島比賣命の祀られている中津宮・・・。

    いつも不思議なのは、神社で写真を撮ると、何故か陽が当たってなくても白っぽいものが写って、何だか陽が当たっているように見えること。
    この前ucoさんと夜中に近所の神社に行った時には、二人とも白いものが肉眼で見えたのでした。
      

    ね?3枚とも上の方が白っぽくなってますよね?

    江ノ島の神社では、金色の粉のようなものが舞う中に、白い龍のようなものが、うっすらと肉眼でも見えました。


    あーーーっ!それから奥さん、前にブログに、母が前に、うちは神龍寺っていうお寺だったのよって言っていたのに、この前訊いたら、そんなことは言ったことはないって言われたって書いたの、覚えていますか?

    この前ね、実家に帰った時に、母に祖母から電話がかかってきて、お友達の家に乗せていってくれっていうので、母と祖母に付いて、そのお友達の家に行ったら・・・隣に大きなお寺があったのです。

    もしや?と思って母に、『ねぇ、このお寺って、もしかして神龍寺じゃない?』って訊いたら『あらっ!そうだわ!』って言うのです。


    何ですか?このタイミング。

    生まれてから実家に住んでいた間には、一度も訪れたことのない場所です。
    そこに偶然用事があるっていうので付いて行ったら、なんと神龍寺に辿り着いてしまったのです。

    また母に『うちは昔、神龍寺っていうお寺だったのよ』って、言ってたでしょ???って、もう一度訊いてみたのですが『そんなこと絶対言ってないから〜〜』って言うのです。

    う〜〜〜ん・・・。
    夢???を見たのでしょうか???
    でも神龍寺は、確かに実家の近くに存在していました。

    何だかわからないけれど不思議・・・。

    のぞりん☆彡毎日のつぶやきtwitter ID nozomix2000


    日々のこと | permalink | comments(9) | trackbacks(0) | - | - |
    この記事に対するコメント
    >kotorinさん

    日月神示は沢山出ていますが、本屋さんで目を閉じて、並んでいる本に手をかざして探しても面白いかもですねっ!(^_-)-☆

    温かさを感じる本が自分に合っているような気がします。

    私は本屋さんでは2通りの方法で本を手にします。

    右に左に勝手に体がグイグイ引っ張られていって、勝手に立ち止まったところで手が勝手に動いて手に取ってしまうのと、その場所まで引っ張られては行くけれど、勝手に手が動かない場合もあります。

    その場合は手をかざしてみます。

    自分に必要な本がある場所では、本棚の前に立つと、その場所が温かい・・・というか熱いんです。

    熱を発しているような感じ。

    そこで更に手をかざすと、気が出ている場所がわかります。

    日月神示も、最初は解説付きで読んでみて、理解できたら原文で読んでもいいかもですね。

    お借りしている原文の書かれた本、ちょっと高いですが(笑)
    手に入れて、ボロボロになるまで何回でも読んでみたいと思いました。


    本当に、読んでいると何も迷いがなくなるし、進むべき道が見えてきて、全ての答えがここにある!という感じがしました。


    あ、昨日は自動行動で、面白い地図を手に入れました。
    昔の住宅地図です。
    何故だかわからないけれど、地図コーナーに引っ張られていって、あまり関係なさそうなのにどうしてかしら???と思ったら、パッと手に取ったのが江戸時代の頃の東京の住宅地図でした。

    今住んでいる家や、今まで住んでいた家が、昔何だったのかがわかって面白かったです。
    小田木 望 | 2008/12/15 11:04 AM
    この記事に対するコメント
    8通りに読めるんですか
    受け入れる側によって 感じ方が変わる。。

    なんか 凄いですね☆

    日月神示は気になってたんです。
    いつも立ち読みだけで、買わないでしまってました。

    先日も 本屋さんで日月神示を手に取ったのですが 数多くあるので 迷って
    結局買わないでしまったのです。。
    中矢伸一さんの本が正釈なのですね
    今度は迷いなく 買えそうです^^
    kotorin | 2008/12/14 10:50 PM
    この記事に対するコメント
    >Mr.Kさん

    ゴルフハマってますね〜〜!

    私もたまには行きたいですが、なかなか行けてませんです。
    寒いし〜〜(笑)

    暖かくなったら、コンペでもやりたいですね!

    来年も宜しくお願いいたします☆


    >kotorinさん

    やっぱりご存知でしたね!

    直感で、kotorinさんには伝えてもいいと思いました。

    読んでいると やめられなくなり、読み進めていくうちに、会話をしているような気持ちになってきます。

    どんどん後の方になっていくと、よくここまできた・・・って言われているような感じになってきて、書いてあることとシンクロも起こってきます。

    凄く不思議な本です。

    原文は8通りに読めるらしく、文章は変わっていないのに、受ける方の感じ方が変化したりするらしいです。

    何度も繰り返し読んでみたい本ですね。

    人生に必要なことは全て書いてあるし、本当に凄いメッセージが!


    読める方には読んでほしい本だと思いますが、理解出来るかどうかは不明です(笑)


    でもkotorinさんなら、内容を全て理解することが可能だと思いました。
    小田木 望 | 2008/12/14 9:52 PM
    この記事に対するコメント
    教えていただいてありがとうございます^^

    日月神示だったんですね♪
    チラッとしか読んだことはありませんが
    ひふみ祝詞や いろは歌に
    最近 興味があって 色々調べていたので
    またまた ちょっとシンクロだなって
    思いました^^
    kotorin | 2008/12/14 8:39 PM
    この記事に対するコメント
    N様、お久しぶりです^^。

    早いもので、今年もあとわずかですね。
    昨日、会社のコンペでした。腕はちょっとは良くなってので、
    来年、N様とラウンドすることを目標としますのでよろしくですw。

    ではでは、良い年をお迎えください。
    来年もよろしくです^^。
    Mr.K | 2008/12/14 1:10 PM
    この記事に対するコメント
    kotorinさん


    本は、ひふみ神示とか日月神示と呼ばれるものです。

    kotorinさんは読んでいそうですね!

    私は橋爪一衛さんの天地の声という本を今は読んでいます。この本はシンジさんがくれた本です。

    自分で自動行動で手にした本は「正釈」日月神示で、中矢伸一さんの本です。

    で、お借りしている原文の書かれた本は、ひふみ神示で、自動書記をした岡本天明さんご本人の本です。

    内容は一緒だと思います。中矢さんの「正釈」は解説が適切で凄くわかりやすいです。


    天地の声は、そのまま書いてあったりして解説は少ないです。
    大田篤先生やシンジさんから、色んな話を聴いていたことと全て繋がっていたり、アセンション関係の本の内容とも繋がっていたり、ミロスの考えとも繋がっていたり、ビーワンでしている内容が全て繋がっているので、今は、何のことを言っているのか、どういうことなのか、そのまま読んでも内容を全部理解出来ますが、ちょっと前に渡されたら、何のことやらサッパリわかりませんという感じだったと思います。


    今読んで、丁度いい感じでした(^-^)
    小田木 望 | 2008/12/14 8:31 AM
    この記事に対するコメント
    のぞりんさんの眉間に光が当たって
    ますます弁財天に見えますね〜♪

    眩しい(笑)

    その本って 気になります。。
    時期が来ないと。。なんですか♪

    う〜知りたい(笑)
    kotorin | 2008/12/13 9:36 PM
    この記事に対するコメント
    >@kiraさん

    大田先生の写真、私もスケジュール帳に挟んで持ち歩いています。

    痛いところとかあったら当ててみるといいかも(笑)

    神龍寺は、なんだか夢を見ているような気分です。

    でもね、神龍寺だったっていうことを聴いた時に、自分からは何も質問していないことに気付きました。

    母が一方的に話していた記憶しかないのです。
    神様の神に難しいほうの龍って書いてお寺って書くのよって、書き方を言っていた記憶はあるのです。

    でも、いつも疑問に思っている、どうして昔お寺だったのに今はお寺じゃないのかって・・・夢じゃなかったら質問してるはずですよねぇ・・・?

    でも、神龍寺には一度も行ったことがなかったし、実家のあたりに あることは知らなかったので、夢だったとしても名前が出てきたのは不思議・・・。

    そして、今のタイミングで偶然辿り着いちゃったのも不思議(笑)

    臨、兵、倒…練習してるのですね(笑)

    いざという時、ほんと役に立ちますよね。


    そうそう、今月鹿児島に行くので霧島神宮に行ってこようと思っています。

    一日だけレンタカーを借りたのですが、他にも近場で、どこかオススメの場所があったら教えてください!
    小田木 望 | 2008/12/12 8:51 AM
    この記事に対するコメント
    24時間では、ほんと足りないですね^^
    先日、大田先生に頂いた写真を、お守りとしてかばんのなかに携帯してます^^

    忙しいにもかかわらず、以前にもまして穏やかに過ごせてます。

    「神龍寺だったのよ」は、もしかしたらお母さんではなく、お腹のほうからの声だったのでは^^

    P.S.
    だれもいなそうなとこで、臨、兵、倒…ってこっそり練習してます。

    いざというときのために。
    @kira | 2008/12/11 11:27 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.nozomi.fem.jp/trackback/903079
    この記事に対するトラックバック