<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
幸運☆HAPPY LIFE STYLE【旧版】
モデルでシンガーで主婦でママな のぞりん☆彡が
ハッピーになるためのライフスタイルを提案します。
ブログは引っ越ししました!新しいブログはhttp://ameblo.jp/nozomix2000/
です☆
<< 無料自己エステ会 | main | カラオケ93点の壁 >>
高次元のエネルギーの使い方
0
    奥さん、やっと・・・アシスタント期間を終えて、私は環境保全研究所の認定講師となりました!


    講師って、何をするかといいますと、環境のこと、経皮毒の話などをしながら、日本全国をまわって、高次元のエネルギーを体験していただく無料の自己エステ会の講師をするのです。


    『高次元のエネルギー』って何ぞや?と思うでしょ?

    怪しいと思うでしょ?(笑)


    怪しいと思って当然だと思いますよ。


    私も最初は怪しいって思いました。


    でも、体験するとわかるんですよ。


    この自己エステ会の講師は、ほとんど全員がエステの経営をしている、またはエステを経営していた方です。


    その先生たちが皆さん同じことを仰るのです。


    それは、『この高次元のエネルギーと出会ってから、私は今までの経験、技術、何年もかけて勉強してきたこと・・・全てを捨てなくてはならなかった。』

    そう仰ったんです。


    なぜなら、高次元のエネルギーを使うと、技術も何も必要ないんです。

    なので技術がない自分でもエステが出来て、自分で自分の顔を見事に元に戻すことが出来るからです。



    ミロス的に考えると、たぶん誰かにやってもらうと、もしかしたらもっと凄いことになるのかもしれませんが・・・。


    毎日のお手入れなので、そういう訳にもいきませんよね(笑)
    自分でやっても充分皆さん驚かれていますので、まあそれは置いておいて・・・。



    もう一つのブログにも書きましたが、先日は面白い整体治療と出会いました。
    やはり高次元の治療法。ミロスの整体です。

    一度治療すれば一生リピートしなくてもいいし、ボキボキとか骨を動かすものでもありません。


    この整体の先生の仰ったことが、エステ講師の先生たちの仰ったことと全く同じだったのです。


    『このミロスの治療法と出会って、今まで何年もかけて勉強してきたこと、経験、技術、全て捨てなければならなかった。』と・・・。



    その言葉を聞いた時、(そうだったんだ!)


    と、私の中で、全てが繋がったのです。



    高次元のエネルギーを使えば、技術も何も、関係ないんです。

    勝手にやってくれるんです。



    それを使うことが出来るのは、




    『信じる素直な心』





    なのではないかと思ったのでした。



    ほら、信じないということは、それも願いになってしまうから、宇宙の法則でいえば、その願いも全て叶ってしまうわけですよ(笑)




    ね?!(笑)




    わかりますか?



    面白いでしょ?





    昨日は息子と二人でお互いの背骨を調整し合いました。
    ミロスの先生がやってくださったように・・・。


    二人で、「何だか魔法使いになったみたいだね!不思議だね!」と大笑いしました。



    本当に不思議。



    どうして自分達にも出来るのかわかりませんが、二人とも、凄く体が楽になったのでした。(笑)







     
     
     
     
     
     


    スピリチュアル | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    この記事に対するコメント
    >月の使者さん
    コメントありがとうございます♪

    北海道、行きたいです〜〜!
    是非呼んでくださ〜い☆
    小田木 望 | 2008/06/29 12:46 AM
    この記事に対するコメント
    まさしく 高次元のパワーをいたたきながら地球環境浄化をさせていただいている、わたくしです。のぞりんさんのお噂はうかがっています。 ぜひぜひ北海道でエステ会を開催の時は依頼しま〜すp(^-^)q
    月の使者 | 2008/06/27 11:55 AM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.nozomi.fem.jp/trackback/840443
    この記事に対するトラックバック